歌舞伎座「八月花形歌舞伎」 きょう5日の第3部公演中止 舞台関係者に微熱症状

[ 2020年8月5日 14:45 ]

8月1日に約5カ月ぶりに公演を再開した東京・歌舞伎座の「八月花形歌舞伎」第3部「吉野山」に出演した中村七之助(左)と市川猿之助(C)松竹
Photo By 提供写真

 松竹は5日、東京・歌舞伎座で上演されている「八月花形歌舞伎」のこの日の第3部「吉野山」の上演を急きょ、取りやめると発表した。舞台関係者に微熱の症状が出たため。

 第3部(午後4時15分開演)の舞台関係者1人に微熱の症状が出たとし、歌舞伎座新型コロナウイルス安全対策ガイドラインに則り、本人の健康観察を行うとともに、念のため、PCR検査を実施するという。

 松竹は「専門家の先生の意見も加味しまして、本日8月5日(水)第三部『吉野山』(午後4時15分開演)を中止することにいたしました」と説明。4部制で各部総入れ替えでの公演で、消毒作業を行うため、第4部「予話情浮名横櫛」(午後7時開演)は予定通り実施する。あす以降については、決定次第発表する。

 歌舞伎座では、1日に約5カ月ぶりとなる歌舞伎公演を再開したばかり。「吉野山」には、市川猿之助(44)、中村七之助(37)らが出演している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月5日のニュース