藤井棋聖、勝負メシは「神戸牛すき鍋膳」、木村王位は「うな重膳」でスタミナ対決

[ 2020年8月5日 05:30 ]

木村王位の昼食「うな重膳(ごはん少なめ)」(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑む将棋の第61期王位戦7番勝負第3局が4日、神戸市北区の中の坊瑞苑(ずいえん)で始まった。

 藤井は昼食で、「うな重膳(ごはん少なめ)」を頼んだ木村にスタミナ面で負けじとばかりに「神戸牛すき鍋膳」を注文した。おやつは午前が本生わらび餅(抹茶)とアイスコーヒー、午後がフルーツ盛り合わせとアイスレモンティー。甘味とビタミンを積極的に補給した。いずれも対局場になっている中の坊瑞苑提供。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月5日のニュース