手越祐也、農業で村おこしへ 「手越村」構想明かす 元TOKIO山口達也さんに協力要請

[ 2020年8月5日 11:42 ]

<手越祐也フォトエッセイ出版会見>書籍への思いを語る手越祐也(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所から6月に独立したタレントの手越祐也(32)が5日、都内でフォトエッセイ「AVALANCHE」(双葉社)の出版会見に出席。農業で村おこしに挑む「手越村」構想を発表した。

 2018年にTOKIOを離れ、同じくジャニーズ事務所退所組の山口達也さん(48)に協力を要請。山口さんとは、日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」で共演しており、「僕、農業は全然まだ初心者なんで。大好きな、リスペクトずっとしていた大先輩の山口君に。本当に格好良い先輩なんですよ。男気もあって。大切な先輩なので」と持ち上げながら人柄を紹介。

 「お互い(今は)大きな事務所の人間ではないからこそ、山口君に先導してもらって、いろいろスキームを教えてもらいながらできたらいいな」と、やる気満々に語った。

 ただ、山口さんとは「連絡先がつながってたりするわけではない」と現状を説明。芸能リポーターが「では、了解はとってないってことですか?」と問いかけると、手越は「そうです。構想があるということだけです」と答え、まだ一度も連絡をとっていないことを明かした。

 リポーターが「じゃあ、断られる場合もある?」と問い直すと、手越は「その場合はしょうがないです」とトーンダウン。さらに「(山口さんがこの構想を)この会見で初めて知るってことですか?」と突っ込まれると、「そうです」と即答。あまりのマイペースぶりに場内は大爆笑に包まれた。

 あくまでも「構想なので」と強調し、「1%でも”やってもいいよ”という言葉を頂けるなら。夢を語るのはもちろん自由。せっかくやるならお力添えを頂きたいな」と呼びかけた。

 具体的な候補地には山梨県を挙げた。
 
 この日発売の書籍には応募券が付いており、手越と一緒にボランティアに参加できるという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月5日のニュース