モト冬樹 吉村知事会見発端の“うがい薬騒動”に困惑「迷惑な話だよなぁ」

[ 2020年8月5日 18:48 ]

モト冬樹
Photo By スポニチ

 タレントのモト冬樹(69)が5日、自身のブログを更新。大阪府の吉村洋文知事らが新型コロナウイルスの感染防止策としてうがい薬の使用を呼びかけたことを受け、うがい薬が売り切れたり、インターネット上で高値転売が相次いでいることに「迷惑な話だよなぁ」とつづった。

 モトは、吉村知事の発言について「本当か嘘かわからない話だけど」とし、「コロナ禍以前からヨード系のうがい薬を使っている俺にとっては こんな発表されたら品物がなくなっちゃうので本当に困る」と“うがい薬パニック”に困惑した様子。

 「4月5月あたりも全くうがい薬がなくなっちゃってたんだけど最近では普通に買えるようになっていたのになぁ」と続け、「いつも愛用していた俺にとっては迷惑な話だよなぁ」と嘆いた。

 吉村知事は4日の記者会見で、市販のうがい薬によるうがいで重症化を防ぎ人に感染させにくくする可能性があるとして、発熱者とその家族、接待を伴う飲食店の従業員、介護・医療従事者らに使用を呼び掛けた。5日の会見では、自身の発言について「誤解がある。(ポビドンヨードを含むうがい薬は)予防薬でも治療薬でもない」とした一方で、うがい薬の有効性は改めて主張した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月5日のニュース