新日本・棚橋弘至はPCR検査などすべて「陰性」、予定通り試合出場へ 番組でELLYと共演

[ 2020年8月5日 18:20 ]

新日本プロレスの棚橋弘至
Photo By スポニチ

 新日本プロレスは5日、所属レスラーの棚橋弘至(43)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査、抗体検査、抗原検査を受けた結果、すべて「陰性」だったことを報告した。棚橋は、1日放送のTBS「炎の体育会TVスペシャル」で、この日に新型コロナ感染が判明した「三代目 J SOUL BROTHERS」ELLY(32)と共演していた。

 新日本は「8月1日に棚橋弘至選手が生出演した番組の共演者にPCR陽性反応が確認されました。現場では感染対策がとられており、濃厚接触にはあたらないとの連絡をいただいておりますが、大事をとって抗体検査・抗原検査・PCR検査を受け、すべて『陰性』の結果が確認されております」と報告。棚橋の健康状態は良好で、6日以降の大会には「予定通り出場いたします」とした。

 「炎の体育会TVスペシャル」には棚橋、ELLYのほか、上地雄輔(41)、尾上松也(35)、お笑いコンビ「ティモンディ」らが出演していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月5日のニュース