松浦勝人氏 ドラマ「M」の反響に困惑!?「“神からのメッセージだ!”とか言うわけないでしょ」

[ 2020年8月5日 05:56 ]

音楽人として──。16年ぶりに現場復帰した松浦氏(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 エイベックスの松浦勝人会長(55)がCEO(最高経営責任者)を退任し、音楽制作の現場に16年ぶりに復帰、制作基地とする都内のスタジオでスポニチ本紙の単独インタビューに応じた。

 自身らをモデルにしたテレビ朝日の連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」が先月初めまで放送され、話題となった。「ドラマに出てくる“マックス・マサ”と同じだと思われるの本当に困るんですよ。“神からのメッセージだ!”とか言うわけないでしょ」と苦笑い。ただ、人生を懸けて臨む16年ぶりの現場復帰に「マックス・マサの時代に戻る!と言えば一番伝えやすいのかも」と笑った。(阿部 公輔)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月5日のニュース