×

堺雅人主演「半沢直樹」第2話は22・1%!初回超え&2週連続大台超え 「エール」と並ぶ今年ドラマ1位

[ 2020年7月27日 09:01 ]

日曜劇場「半沢直樹」の主演を務める堺雅人。制作発表に出席し、笑顔(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の7年ぶり続編の第2話が26日、15分拡大で放送され、平均世帯視聴率は22・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。初回(19日)の22・0%を0・1ポイント上回る好調ぶりで、貫禄の2週連続の大台超え。NHK連続テレビ小説「エール」の22・1%(5月19日)と並び、NHK・民放を通じて今年放送された全ドラマのうち、1位タイとなった。

 また、前作(2013年7月期)の初回=19・4%、第2話=21・8%を上回るペース。第3話以降の推移が注目される。

 瞬間最高視聴率は終盤、午後9時56分、9時59分、10時1分、10時2分、10時5分、10時6分の23・7%だった。

 関西地区の平均世帯視聴率は26・4%だった。

 新型コロナウイルスの影響による撮影中断を挟み、3カ月遅れで待望の幕開けとなった。

 前作はベストセラー作家・池井戸潤氏(57)の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。13年7月期に放送され、東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 新シリーズは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。第2話は半沢(堺)たちが進めていた大手IT企業・電脳雑伎集団による同業他社・スパイラルの大型買収案件が、親会社の東京中央銀行に横取りされた。銀行への逆襲を誓う半沢は、部下の森山(賀来賢人)とともに依頼主の電脳雑伎集団へ向かうが、副社長・美幸(南野陽子)から全く相手にされず追い返される。そこで買収先のスパイラル社長・瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。そんな中、瀬名は、敵対的買収に対抗するアドバイザーを名乗り出た太洋証券の営業部長・広重(山崎銀之丞)のアドバイスを受け、新株の発行により難局を乗り越えようとする。そして、瀬名も憧れるIT業界のカリスマ、フォックス社長・郷田(戸次重幸)が新株の買取先・ホワイトナイト役に突如名乗りを上げるが、そこには卑劣な銀行の新たな罠が…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年7月27日のニュース