おぎやはぎ、志村けんのコロナ感染に「他人事みたいな感じが、今週から…」

[ 2020年3月27日 19:53 ]

「おぎやはぎ」の小木博明(左)と矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(48)と矢作兼(48)が26日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。新型コロナウイルス感染で入院中のタレント・志村けん(70)について言及した。

 小木が「志村さんのはビックリしたね」と切り出すと、矢作も「志村さんが芸能人の第1号って凄いよ。一番の大物がね。志村さんは前に病気で、しかも肺炎を患っていたからね。本当に危険だよね」と心配した。

 矢作は新型コロナウイルスの陽性が判明したプロ野球の阪神・藤浪晋太郎投手(25)についても触れ「なんかさあ、先週ぐらいまではアメリカとかイタリアとかでも凄くなってきたけど、自分の周りで友達の友達とかでもいなくて、なんか他人事みたいな感じだったけど、今週ぐらいからね…」と語ると、小木も「身近に感じてきたね。あ、もう近くにきたなと」と脅威が迫ってきたとコメントした。

 矢作は「日本人って災害慣れしすぎちゃって。地震とか台風とか。海外の人から“何でそんなにビビらないの”って言われて。俺たち麻痺(まひ)しちゃっているよね。いいんだか悪いんだか。よく言えばパニックにならない、反対に言うと楽観視しすぎて…。まあ、みんなで政府の言うこと聞いてね」と持論を述べてから、コロナ禍を乗り切ろうと前向きに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月27日のニュース