志らく、花見楽しむ若者に苦言「親やおじいちゃん、おばあちゃんがコロナにならない限り気がつかない」

[ 2020年3月27日 16:45 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が27日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に生出演。新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、全国で花見を自粛する動きが広がる中、花見を楽しむ人々に苦言を呈した。

 番組では26日夜に東京・目黒川付近や千鳥ケ淵など桜の名所を取材。自粛ムードが漂う中、花見を楽しむ人々の姿を放送した。現場では“今しか来られないと思うと、来たい気持ちが高まってしまう”“コロナになるときはなると思う”とインタビューに応じた若者の言葉も伝えた。

 志らくは「お花見をしている若い子なんかを見ていると、『対岸の火事』という言葉があるけど、9割の人間が一生懸命やっていていも、1割の“ものの分からない”人がいるとダメなんですよ」と反応。

 「この国は法的に外出禁止(令)が出せないけど、こうやって(VTRを)見ていると、外出禁止令を出して閉じ込めないとあの子たちは出てきちゃうよ。感情的に、そういう気持ちになりますね」と続けた。

 国山ハセンアナ(29)が「そこからどんどん広まってしまうリスクがありますよね…」と応じると、志らくは「自分の大切な親やおじいちゃん、おばあちゃんがコロナにならない限りは気がつかないんですよ」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月27日のニュース