志らく 買いだめ売り切れ続出で小池都知事に“注文”「自粛とかと同時に“買い物する必要ない”って」

[ 2020年3月27日 11:36 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が27日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、首都圏を中心に外出自粛の要請が相次いだ26日に、スーパーなどで買いだめによる売り切れが続出したことに言及した。

 中央区のスーパーでも売り切れが続出。精肉コーナーのほとんどが空となった。店内では卵もなくなり、野菜は売り切れが目立っていた。

 志らくは「気持ちは分かるんですよ。マスクがいまだにない、トイレットペーパーもデマでなくなってしまったみたいなね。そういう恐怖が食べ物でもきっと来るんじゃないかっていう気持ちは分かるんだけれど、皆が買いだめせずに普通にしてたら物はなくならないわけなんですよ」と指摘。そして、「それを発信する都知事なんかも、もう発信しましたけど、都市封鎖の可能性がある、それから週末は自粛しましょう、それに対して世界各国のあの状況みんな見てるから同じになるんじゃないかっていう…もっと早くにね、小池都知事もを自粛とか発信するのと同時に言ってほしい。“買い物する必要ないですよ”って。慌てて次の日おっしゃいましたけど、もっともっと発信してね、パニックにならないようにしないと。人々の気持ちは分かりますからね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月27日のニュース