東国原英夫 一律現金10万円給付の私案説明「選挙と同じ…はがきが来て銀行とか郵便局持って行ったら」

[ 2020年3月27日 13:25 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(62)が27日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。政府・与党による新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策について言及した。

 常々、一律現金10万円給付を訴えている東国原は「商品券は3カ月、下手すると半年かかります。現金を配るのも5月末。これ3月頭から予算編成をしなくちゃいけないんです、補正予算を」と指摘。そして「3月頭から補正予算決めて4月の頭には10万ですよ」とし、「選挙と同じ、全国にはがきが来て銀行とか郵便局持って行ったら10万円くれる」と私案を提案した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月27日のニュース