山寺宏一、増岡弘さん悼む「教わった沢山の事を胸に心を込めてジャムおじさん演じさせていただく」

[ 2020年3月27日 21:20 ]

増岡弘さん
Photo By 提供写真

 フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが21日死去した。83歳。26日、所属の俳協が発表した。ジャムおじさん役の後任を務める声優の山寺宏一(58)が27日ツイッターを更新し、増岡さんを悼んだ。

 増岡さんの訃報に接し、山寺は「増岡弘さんの訃報に接しがく然としています。お正月にご自宅に伺った時はお元気そうで『いつでも遊びに来てね』と言って下さっていたのに。どこまでも優しく、どこまでも温かい増岡さん。教わった沢山の事を胸に、心を込めてジャムおじさんを演じさせて頂きます。今夜も増岡さん手作りの器で献杯します」と投稿した。

 増岡さんは「アンパンマン」のジャムおじさん役を88年から31年間担当し、19年8月に「高齢により」交代した。

 山寺は19年、ジャムおじさん役の後任が決まった時に「増岡弘さんは演技だけでなく、そのお人柄も含めてジャムおじさんそのものです。代われる人などいません。でも30年以上、その優しさと温かさにふれてきた者の一人として、少しでも増岡さんのジャムおじさんに近づけるよう、精一杯つとめさせて頂きます」とコメントしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月27日のニュース