松本人志 東京五輪開催危機に「このままじゃ、おもてなしはできないな」

[ 2020年3月22日 10:35 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(56)が22日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、東京五輪・パラリンピックの開催が危ぶまれていることについて言及。2020年の開催地が東京に決まった時の盛り上がりを振り返り、「なんやったんかな…」とため息をついた。

 そのうえで「このままじゃ、おもてなしはできないな」と新型コロナウイルスが終息しない現状についても示した。

 また「ロゴマークでもめたのは何やったのか」とも。さらにギリシャから今月20日に聖火が到着したことにも触れ、「聖火が届いて、風が強くてさ…」とセレモニーが円滑に進まなかったことにもガッカリした様子。

 ブルーインパルスの航空パフォーマンスにも「輪っかにならなかったんよね。何とも言えない気持ちですね」とぼやいた。

 五輪開催か、延期か、中止かについていは「俺ごときが言うことでは」と断った上で、アスリートのためにも「早くしてあげてほしいですね」と一日も早い決定を求めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月22日のニュース