浅野ゆう子 有吉弘行からのあだ名に皮肉タップリ「それを肝に銘じて頑張りました、おかげさまで」

[ 2020年3月22日 18:50 ]

女優の浅野ゆう子
Photo By スポニチ

 女優の浅野ゆう子(59)が21日放送の日本テレビ「有吉大反省会2時間スペシャル」(土曜後9・00)に出演。番組MCの有吉弘行(45)から過去につけられたニックネームに言及し、有吉を慌てさせる場面があった。

 アイドル歌手としてデビューし、抜群のスタイルを武器にモデルとしても活躍した浅野。過去に、身長1メートル65、股下99センチと雑誌などで紹介されていたことを振り返り、「(股下)1メートルだと明らかにウソなので1センチ引いて、99センチというのがキャッチフレーズのような感じで。股下99センチというのを売り文句として事務所とレコード会社が考えたんです」と明かした。

 その後、浅野は「あの、有吉さんにお礼を申し上げなければいけないことがありまして」とニヤリ。デビュー当時「ジャンプするカモシカ」というキャッチフレーズで活動していたことに触れつつ、「特に女優の仕事がメインとなって、誰もニックネームとか愛称で呼んでくれたりとか、そういうことがなかったのですが、何年前でしょう、有吉さんに素敵なニックネームをつけていただいて、そのお礼を。覚えていらっしゃいますか?」と問いかけた。

 「え、なんて、え、絶対悪いことを言ってないはず」とうろたえる有吉に対して、浅野は「行き遅れって言ったんです!」。女性の結婚が遅いとする言葉。2017年に一般男性との結婚を発表した浅野は、「それを肝に銘じて頑張りました。おかげさまで」と続けた。有吉は浅野の発言に「時代ですね~」と語り、頭を下げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月22日のニュース