石田純一 東出昌大に同情 不倫相手の唐田に「あんだけかわいい人がそばにいたら…」

[ 2020年3月22日 14:04 ]

俳優の石田純一
Photo By スポニチ

 俳優の石田純一(66)が22日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ」(日曜前11・40)にゲスト出演。不倫で謝罪会見した俳優・東出昌大(32)について同情した。

 新型コロナウイルスの終息が見えない中、東出のほか、女優・鈴木杏樹(50)の不倫騒動の話題を並べた番組冒頭で、司会の上沼恵美子(64)が「こんなご時世に。不倫祭り。申し訳ございません」とあいさつ。そして「不倫祭りって、昔のことでございますわね~」と石田を紹介した。

 石田が「“元祖不倫”って言われるんですけど、あれは僕が発明した訳ではなくて…不倫をね」と苦笑い。上沼は「ゴルフ場で言った、何か名言ありましたよね。“不倫は文化”でしたっけ。あれ好きですよ」と古傷に触れた。

 東出と不倫相手の唐田えりか(22)が一緒に参加したカンヌ国際映画祭について、上沼は「エキスパートに聞きます。東出さんのような立場であると、石田さんはどうだったですか?妻がいるんです、日本に」と質問。石田は「あんだけ可愛い人がそばにいたら、やっぱりそういう雰囲気になりますよね」と、唐田に傾いた東出に理解を示した。

 さらに上沼から「演技の指導して(だけでは)終わらない?」と突っ込まれると、「多分ね、“キュー”が出ていると思うんです。女性側から」と、唐田から歓迎の“サイン”が出ていたのでは推察。石田は「男からいかないですよ」と強調した。

 この説には上沼も「私も実はそう思ってたんですよ」とうなずいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月22日のニュース