特別出演のビートたけし 「浅草キッド」で一時トップ 番組後半の流れつくる

[ 2020年1月7日 05:30 ]

「紅白歌合戦」歌手別視聴率

「浅草キッド」を熱唱するビートたけし
Photo By スポニチ

 特別出演枠で歌手として紅白に初登場したビートたけし(72)は、それまでの全ての出場歌手を上回る39.2%を記録した。

 自身が作詞、作曲した「浅草キッド」(86年)を熱唱。マイク1本を手にスポットライトに照らされながらハスキーボイスで自身の下積み時代を歌い上げた。

 約4分間の歌唱時間で39%を下回ることはなかった。続く石川さゆり(61)が38.9%、RADWIMPSが39.4%と、後半のヤマ場に向けて大きな弾みをつけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース