1年で時の人に…「Foorin」ひゅうがが明かす13歳の素顔 紅白&レコ大の裏側で「学校で自慢する」

[ 2020年1月7日 06:00 ]

「Foorin」のメインボーカル・ひゅうがこと吉田日向にテレビ初密着する(C)TBS
Photo By 提供写真

 米津玄師(28)プロデュースの小中学生5人組ユニット「Foorin」のメインボーカル・ひゅうがこと吉田日向(13)が、7日放送のTBS「その他の人に会ってみたSP」(後8・45)に出演する。昨年「パプリカ」で史上最年少での日本レコード大賞を受賞し、初の紅白歌合戦に出場したメインボーカルにテレビ初密着した。

 深夜にレギュラー放送している同番組が、今回のゴールデンSPで選りすぐりの「テレビ初解禁」のネタを大連発。中でも注目なのが、「パプリカ」で大ヒットした「Foorin」のひゅうがに初密着したコーナーだ。

 普段の生活から、レッスン、趣味のほか、芸能界デビューのきっかけをつくった“ある重要人物”の存在など、これまで知られることのなかったあらゆる素顔に迫る。すると、“ちょっと変わり者”の一面が明らかとなる。

 さらに、「レコード大賞」を受賞した翌日に受賞の感想を話しながらNHK「紅白歌合戦」へ向かう道中や、1月17日スタートのTBS金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に出演し、同ドラマ主演の俳優・伊藤英明(44)と会話する緊張の瞬間など、日向くんに訪れる様々な新たな体験の瞬間にも密着。「紅白歌合戦」へ向かう際には、「菅田将暉さんやOfficial髭男dismさんやKing&Princeさんに会うのが楽しみ。学校で自慢する」と話した日向くん。一躍時の人となったものの、13歳の男の子の素顔が初めて明かされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース