生駒里奈 乃木坂46卒業発表の白石麻衣へエール「まいやんはずっと輝き続ける」

[ 2020年1月7日 16:21 ]

舞台「モマの火星探検記」の開演前に囲み取材に応じた生駒里奈
Photo By スポニチ

 乃木坂46から白石麻衣(27)が卒業を発表したことについて、同じくセンターを務めた元メンバーの生駒里奈(24)が7日、都内でコメント。「まいやんは、これからもずっと輝き続けると思います」と、2011年の結成時から躍進を前線で支え合った仲間にエールを送った。

 この日は出演舞台「モマの火星探検記」が東池袋のサンシャイン劇場で初日を迎え、開演前に報道陣との囲み取材に対応。白石と女優同士で「いつか共演というのはどうですか?」と問われると、この日一番の大声で「あると思います!」と歓迎した。

 2013年7月発売の「ガールズルール」で結成時からのセンターを白石と交代。さらにAKB48兼任となるなど複雑な思いもあったとみられる。18年4月に日本武道館で卒業公演を行い、翌5月の握手会で乃木坂46と別れた。

 17年にも演じた今回の舞台については、「ひょんなことから秘密基地で見つけたロケットの本を見て、ロケットをつくりたいと、友達と一緒にあこがれで突き動かされる女の子」と役どころを説明。「前回は20歳の時に演じてて今回は24歳で、そんなに差がないと思うんですけど、やってて、めちゃくちゃ難しくって。20歳の時の私は本当に赤ちゃんだったんだな」と振り返り、「今もそうかもしれないんですけど。そういったところの悩みだったり、どうやって演じるか?っていうものを、やっと通ったかなって。また、きっと悩むと思うんですけど」と付け加えた。

 さらに「子どもたちはあこがれで動いているんだというところを見てほしくって。それは大切だよって。夢を追いかけること本当に素晴らしいことなんだよっていうのを私たちを見て感じてくれたらな」と呼びかけた。

 「モマの火星探検記」は宇宙飛行士の毛利衛さん(71)が書いたSF小説が原作で、矢崎広(32)と生駒のW主演。20日までサンシャイン劇場で上演後、2月は愛知、大阪、福岡の各県を回る。

 毛利さんは「私が原作に込めた思い、メッセージが、この舞台ではそれ以上に、期待以上に伝わっているなと、見てて感激しました。舞台にしてくれて本当にありがとうございます。演じて下さった2人も凄いなと感じました。本当に感謝です」と頭を下げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース