ミルクボーイ駒場、紅白本番中に怒鳴られる「スタッフの人が鬼の形相で…」

[ 2020年1月7日 15:48 ]

ミルクボーイの駒場孝(左)と内海崇
Photo By スポニチ

 「M-1グランプリ2019」を制したお笑いコンビ、ミルクボーイが6日深夜放送のニッポン放送「ミルクボーイのオールナイトニッポン」(深夜1・00)に出演。ボケ担当の駒場孝(33)が、昨年末にゲスト出演した「第70回NHK紅白歌合戦」でスタッフに怒鳴られたというエピソードを語った。

 演歌歌手、三山ひろし(39)のけん玉ギネス世界記録企画に、相方・内海崇(34)が参加するも、失敗に。ステージ上で待機していた駒場は、チャレンジが成功した場合のリハーサルしか行っていなかったといい、「成功したら舞台上で喜んで、はける。今回、成功ならずということで、仕方ないんですけどね。失敗したってなって、聞いてないってなった」という。

 どうしていいのか分からず動揺した駒場は、白組司会・櫻井翔(37)の横に立ち、「ニコニコして、マイクをご機嫌に持っていた」。すると、スタッフから怒声が。「下のスタッフの人が鬼の形相で『早くあけて下さい!次の曲が始まるんで、早くあけてください!駒場さん!』って、すごい形相で言われて」と明かした。

 「あれ、笑ったわ。どうするんやろうなって」と内海。その後、「どこに行っていいか分からなくなった」という駒場は、一番近い舞台袖にはけたといい、、「その袖には誰もいなくて。『何ですか?』って言われて、知ってる人おらんと。真っ赤っ赤になっていたと思いますよ、顔が」とハプニングを恥ずかしそうに振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース