堀ちえみ、壮絶リハビリ明かす「舌から血が出るんじゃないかと」

[ 2020年1月7日 13:13 ]

タレントの堀ちえみ
Photo By スポニチ

 昨年2月に舌がんの手術を受けリハビリを続けているタレントの堀ちえみ(52)が7日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(後0・00)に出演。手術後初めてとなる肉声で、壮絶な闘病生活について語った。

 舌の6割以上を切除し、太腿の組織を使って再建手術を受けた堀。術後に発声練習を行う映像が紹介され「舌から血が出るんじゃないかというくらい一生懸命にしゃべった。一音一音、一語一語組み立てて、練習して、ここまで発語できるようにトレーニングを頑張りました」と壮絶なリハビリを振り返った。

 闘病中には黒柳徹子(86)から励ましの手紙をもらったことも告白。舌がん手術直後の昨年4月には食道がんの手術も受けており「短期間に2度のがんの告知を受けて落ち込んでいる時に黒柳さんから素敵なお手紙を頂いて、すごく心の支えになりました」と大粒の涙を流しながら感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース