貴景勝「御嶽海関に悪いなと思う」理由とは…武井壮&小杉も感嘆の“人生哲学”

[ 2020年1月7日 19:00 ]

MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」に出演の武井壮(左)と大関・貴景勝光信
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)の8日放送は大相撲の大関・貴景勝光信(23)にスポットを当て、MCの武井壮(46)、小杉竜一(46)らとトークを繰り広げる。

 12日に初日を迎える大相撲初場所。貴景勝は去年、「夢を叶えられた」という大関昇進を果たしたが、その後は「右膝内側側副靱帯損傷」「右膝骨挫傷」の影響で陥落。1場所で大関復帰を果たすなど、波乱の1年を経験した。また、左胸筋の肉離れにも苦しんだ。

 2つのケガの原因となった取組の相手はどちらも幕内・御嶽海。貴景勝は、左胸筋の肉離れを起こした九月場所千秋楽の優勝決定戦について「(相手の)御嶽海関に悪い(ことをしてしまった)な、と思います」と心情を吐露。「御嶽海がケガをさせた、と心ないことを言われる方が辛かった」と語り、「“我(われ)に怪(あや)しい”と書いて“怪我”という教わり方をしたので、自分にすべて原因があるのに」と続けた。貴景勝のこの“人生哲学”には武井、小杉も感嘆のため息。小杉は「きょう(の放送)はみんな見たほうがいい」と断言し、「生まれてきてくれてありがとうございました」と出演者とともに感謝していた。

 さらに貴景勝は今年の目標を聞かれ、「次は横綱しかない」と語り、横綱昇進の原則が二場所連続優勝であることに触れ、「まずは(自身の)2回目の優勝をしないと始まらない。優勝を狙いたいと思います」と力強く宣言。武井は「去年の貴景勝関にはいろんな困難がありましたけど、きょうの話を聞いて元気がでますよね」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月7日のニュース