欅坂46、紅白リハは“省エネ” 加藤CP本番爆発に期待「より一層パワフルに」

[ 2019年12月31日 05:30 ]

「第70回紅白歌合戦」リハーサル3日目 ( 2019年12月30日    NHKホール )

リハーサルを行う欅坂46の平手友梨奈(中央)ら(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 欅坂46は、赤の制服風の衣装を身にまとってリハーサルに臨んだ。「不協和音」を歌唱。激しいパフォーマンスが見どころの一つで、2年前に披露した際には、歌唱直後にメンバーの一部が過呼吸の症状で倒れ込む場面があった。

 この日、センターの平手友梨奈(18)はやや“省エネ”気味にパフォーマンス。加藤CPは「(本番は)より一層パフォーマンスがパワフルになるんじゃないかと思っています」と本番での爆発に期待を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月31日のニュース