森下千里 事務所との契約解約を発表「これまでの仕事から離れる」「本当にありがとう」

[ 2019年12月31日 17:20 ]

森下千里
Photo By スポニチ

 タレントの森下千里(38)が31日、ブログを更新。所属事務所との契約を解約すると発表した。

 直筆の手紙を撮影した写真を添えて「わたくし、森下千里はビクターミュージックアーツとのマネジメント契約を解約し、これまでの仕事から離れることをご報告させていただきます」と報告。

 「東京に来て、18年。これまでやってこられたのは、皆様のおかげだったと、心から感謝しております。もう十分に幸せだったと思う気持ちが、この決断へと導いてくれました」と理由を説明した。

 今後について「これからはメディアを通じてではなく、ひとりの人として、出会った人たちを笑顔にできるような人生を歩んでいきたいと思います。これまで、本当にありがとうございました」とつづっている。

 森下はグラビア戦国時代と呼ばれた2000年代に、一大人気を誇り、代名詞とも言える「女豹のポーズ」で数々のグラビア雑誌を席けんした元グラビア女王。現在は芸能界での仕事以外にピラティスやゴルフのトレーナーとして活動していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月31日のニュース