【紅白】乃木坂46「シンクロニシティ」坂道3組が初コラボも…ネット「内村にしか目がいかなかった」

[ 2019年12月31日 22:05 ]

<紅白歌合戦>熱唱する乃木坂46(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 令和初となる大みそか恒例「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)は12月31日、東京・渋谷のNHKホールから生中継され、乃木坂48が「シンクロニシティ」を披露。その演出が反響を呼んでいる。

 5回目の出場となる乃木坂46は、欅坂46、日向坂46と合わせて初めて3坂道合同でパフォーマンスを披露。さらに、総合司会の内村光良(55)も「権之助坂」として参戦し、中央でキレキレのダンスを踊り切ってみせた。

 この演出にネット上では「内村さんしか目にいかなかった」「内村さんには笑った」「内村さんめっちゃちゃんと踊ってる」「内村さん結構練習したんだろうな」「乃木坂と内村のコラボすんごく良かった」と称賛する声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月31日のニュース