キンプリ、岩橋に届け“コガネムシ衣装” 神宮寺「彼の分も全力で」

[ 2019年12月31日 05:30 ]

「第70回紅白歌合戦」リハーサル3日目 ( 2019年12月30日    NHKホール )

ポーズを決めるKing&Princeの(左から)高橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 King&Princeは、パニック障害で活動休止しているメンバー岩橋玄樹(23)への思いを衣装に込めた。

 岩橋は18年11月から休養中。今年2月に活動再開を発表したが同月中に症状の再発で見送った。衣装には金色の部分が角度によってメンバーカラーのピンクに見える仕掛けが施され、平野紫耀(22)は「コガネムシみたい」と独特の表現で笑わせた。神宮寺勇太(22)は「彼の分も5人で全力のステージをやれば喜んでくれる」と意気込んだ。

 7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)について聞かれ、平野は「僕らが輝いていることが一番のジャニーさん孝行。(ステージを見て)“ユー、コガネムシだよ”と言ってくれると思う」と再び笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月31日のニュース