伊藤蘭、41年ぶり歌手活動 乃木坂と「年下の男の子」コラボ

[ 2019年12月31日 05:30 ]

第61回日本レコード大賞 ( 2019年12月30日 )

熱唱する伊藤蘭(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 元「キャンディーズ」で今年ソロデビューした女優の伊藤蘭(64)がファーストアルバム収録の「女なら」を歌唱した。

 78年にキャンディーズ解散後、41年ぶりの歌手活動。司会の安住紳一郎アナウンサー(46)から「お帰りなさい!40年何やってたんですか!」と拍手を送られた。乃木坂46とのコラボステージにも登場し、キャンディーズのヒット曲「年下の男の子」を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月31日のニュース