夢眠ねむさん 名前の由来を自ら“訂正”ウィキは「地味に違うんです」「ひらがなの『む』が好きで…」

[ 2019年12月31日 18:00 ]

夢眠ねむさん
Photo By スポニチ

 今月24日にお笑い芸人のバカリズム(44)結婚したアイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバーで今年3月に芸能界を引退した夢眠ねむさん(年齢非公表)が12月31日、自身のブログを更新。自身の名前の由来を“訂正”した。

 2019年を振り返り「どんどん変わっていくものがある中で、変わらないものもあります。それはこちら」と自身のウィキペディアを紹介。「名前の由来が地味に違うんです」と切り出した。

 「インディーズ時代に『地下アイドル』という扱いを受けていたことから『地下にて、地上を夢見ながら今日も眠る』という思いで名付けた」に赤線を引き「赤線のやつは、大学の卒業制作のキャプションに書いた文書で名前の由来ではなく名前から発生させたものです。これも御手隙の方、編集お願いできませんでしょうか。ウィキを校正するなんて愚かだと分かっているのですが、ネットニュースに転載されがちなので気になってしまって」

 「正しくは、ひらがなの『む』が好きで、あいうえお順にどれがいいか当てはめていきしっくりきたのが『ね』だったので『ねむ』とした。決める際には中野ロープウェイの店長に相談した。名付けた場所は高円寺のケンタッキーフライドチキン前である。苗字はメイド時代の同僚がバンギャ特有のセンスで名付けてくれたものを気に入り、ディアステージ入店時に使用した、です。よろしくお願いいたします」と自ら訂正した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月31日のニュース