高嶋ちさ子の父・弘之さん 夫が「今までに3回ちさ子を殺して自分も死のうと思った」と告白したと明かす

[ 2019年12月31日 21:24 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 ヴァイオリニスト高嶋ちさ子(51)の父・高嶋弘之さん(85)が31日、テレビ朝日「ザワつく!大晦日」(火曜後6・00)に出演して、ちさ子の家庭での様子について語った。

 子供の頃から、1歳年上の兄とのきょうだい喧嘩がすさまじく、電気釜を投げてぶつけ合ったほど。ちさ子は「覚えてる、中から灰色の液体が出て来た」と話し、弘之さんも「わが家から加害者と被害者が出ると思った」と当時を振り返った。

 普段この番組を見ていてどう思うか聞かれると、弘之さんは「旦那の悪口を言い過ぎる。傷ついてると思う。夫婦で家に来た時に、ちさ子が一人で喋って帰った。その後、旦那が一人で来た時には、喋りまくっていた」と明かし、夫に「ちさ子に腹が立たないの?と聞いたら、“今までに3回ちさ子を殺して自分も死のうと思いました”」と言っていたことを明かし、初耳のちさ子はあ然としていた。

 この番組の後、夫の身が心配だとスタジオがザワつくが、弘之さんは「(夫は)ちさ子を尊敬しているし、ちさ子もそんな(心の)小さな人間じゃないよ」と続けた。それでも、ちさ子は「どの3回なんだろうな」と首をひねっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月31日のニュース