リーグ戦残留決定の羽生九段、糸谷八段を下す 王将戦挑戦者決定リーグ

[ 2019年11月19日 17:16 ]

羽生善治九段
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は19日、東京・将棋会館で挑戦者決定リーグの最終一斉対局を行い、第66期以来のリーグ残留を決めていた羽生善治九段(49)は、103手で糸谷哲郎八段(31)を下した。

 羽生は4勝2敗だった今リーグを振り返り「強い人ばかりのリーグで大変だった。勝ち越せたことはよかった」と話した。糸谷八段は1勝5敗でリーグ戦を終えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月19日のニュース