猫好き葵わかな「近づけたような感じ」 映画「キャッツ」で吹き替え初挑戦

[ 2019年11月19日 05:30 ]

映画「キャッツ」日本語吹き替え版の制作発表会に出席した(前列左から)高橋あず美、山崎育三郎、葵わかな、大竹しのぶ、(後列左から)大貫勇輔、森崎ウィン、秋山竜次、蔦谷好位置
Photo By スポニチ

 女優の葵わかな(21)が18日、都内で映画「キャッツ」(2020年1月24日公開)の日本語吹き替え版製作発表会を行った。

 大ヒットミュージカルを実写映画化。吹き替え声優に初挑戦し「素敵な楽曲を自分の声で歌えることがうれしい」と笑顔。自身も実家で猫を飼う猫好きで「近づけたような感じでうれしい。皆さんをキャッツの世界に誘えるように演じたい」と語った。山崎育三郎(33)、森崎ウィン(29)、大竹しのぶ(62)らも登壇した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月19日のニュース