「THE W」MCはフット後藤「なにやら色々ありまして」 徳井の活動自粛受け

[ 2019年11月19日 14:14 ]

お笑いコンビ「フットボールアワー」後藤輝基
Photo By スポニチ

 12月9日に行われる女芸人No・1を決めるコンテスト「女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」のMCをお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(45)が務めることが19日、日本テレビから発表された。同大会のMCは2017年からお笑いコンビ「チュートリアル」徳井義実(44)が務めていた。

 後藤は「なにやら色々ありまして、司会をやらせて頂きます!みなさんと一緒に楽しませてもらいます!」とコメント。宮本 誠臣統括プロデューサーは「ご担当している様々な番組を通して、多くの若手芸人さんと交流があり、後輩たちからも慕われていることなどから、出場する女性芸人さんの魅力をより引き出して頂けると思い、お願いしました」と起用理由を説明した。

 徳井は17年の第1回大会から決勝戦のMCを担当。第3回大会となる今年もMCを務める予定だったが、個人会社が東京国税局から約1億2千万円の申告漏れを指摘され、現在は芸能活動を自粛中。日テレは同大会の今年のMCについて、担当者は「対応を検討中」としていた。

 同大会は、プロ、アマ、ジャンル、芸歴や年齢を問わず「一番面白い女性芸人を決める」をコンセプトに17年から開催。日本テレビが決勝を生放送し、優勝者(ユニット)には賞金として1000万円が贈られる。17年の初代女王は「ゆりやんレトリィバァ」、昨年の第2回大会は「阿佐ヶ谷姉妹」が優勝していた。今年は、連覇を狙う「阿佐ヶ谷姉妹」のほか、「おかずクラブ」や3年連続決勝進出の紺野ぶるまら(33)などファイナリストの10組が頂点を目指す。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月19日のニュース