中川大志、21歳にして“週3スナック通い”「一晩いるとその夜のドラマがある」

[ 2019年11月8日 06:25 ]

俳優の中川大志
Photo By スポニチ

 俳優の中川大志(21)が7日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会SP」(木曜後10・00)に出演。スナックについて熱く持論を語った。

 番組企画でマネジャーの心配事が紹介され、その中に「週3でスナック通い」というものが…。「中川は仕事が終わると、毎晩のように行きつけのスナックに向かい飲んでいます。しっかりボトルキープをしていて常連さんとも仲良し」というタレコミに共演者たちは驚く。

 真偽を問われると「全然1人でもいきます。カウンターで飲んでます」とあっけらかんと言い放った中川。通っているスナックのオーナーによると「中川君は麦焼酎が好きで、多い時は1日でボトル1本空けて帰っていきます。さらに常連客の年齢に合わせてカラオケの歌も替えている」ことも明かされた。

 中川は「スナックの面白いところって、2日前と店のレイアウトは変わってない。同じ空間で店員さんも一緒。でも来ている人によって全く違う空間に変わるんです」と説明。

 MCの有吉弘行(45)から「常連の人ともお話するの?」と聞かれると「そうですね。きょうは何曜日だからあの人がいるな、きょうは○○さん何時に帰るな、という感じで店の常連さんたちのパターンがわかるんです」と語った。

 「一晩いるとその夜のドラマがある」という名言も残した中川。お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二(43)から「数年後に店オープンさせてそうだね」とツッコまれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月8日のニュース