カトリーヌ・ドヌーブ、虚血性の血管障害公表 家族声明「回復可能」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

家族が虚血性の血管障害と公表したカトリーヌ・ドヌーブ
Photo By スポニチ

 フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブ(76)が入院したことについてドヌーブの家族は6日、声明を発表し「非常に限定的な虚血性の血管障害で回復可能だ」と明らかにした。地元メディアが伝えた。5日夜から6日未明にかけて、パリで映画の撮影中に体調不良となり、病院へ搬送された。声明は「幸い、運動障害はないが、当然しばらくの間休養が必要だ」としている。血管障害の部位は示されていない。

 ドヌーブは日本で公開された是枝裕和監督の最新作「真実」で主演。映画の出演を重ねており、フランス人のエマニュエル・ベルコ監督の新作の撮影に臨んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月8日のニュース