長嶋一茂 森田知事の「プライベート視察」に「リーダーシップという部分において適任なのか」

[ 2019年11月8日 08:56 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)が8日、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。千葉県の森田健作知事(69)が、9月の台風15号で県の災害対策本部が設置された当日に同県芝山町にある「別荘」を公用車で訪れていた疑惑があるとする報道について釈明したことに言及した。

 森田氏は、県庁での定例会見で「別荘ではなく自宅だ」とし、公用車で到着した後に私用車に乗り換えたと説明。「私は公私がはっきりしている」と強調した上で「プライベートで(被害状況を)視察しようと考えた」と主張した。「プライベート視察」の内容は、降車することはなく「車の中から見て回った」とし、メモや写真などの記録も取らず「頭に残した」と話した。被害状況の調査や住民の声を聞くこともしなく「パーッとスルーしていこうかなという感じ」と述べた。

 一茂は「“俺は男だ”のドラマを見ていた世代としては、ちょっと寂しいなっていうのがある」と言い、「僕は千葉県というのは、ゆかりのある県でもあるので、千葉県民ではないですが県民としての思いでどうなのかなって見た時に、この方がトップ、リーダーシップという部分においてはこれは適任なのか」と首をかしげ、「県民がこの会見を見てどう思うかは明白だと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月8日のニュース