坂上忍 チュート徳井の会社報告なしにあ然「指導で終わったって言うのは結果論」

[ 2019年10月24日 13:55 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(52)が24日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が東京国税局から7年間で計約1億2000万円の申告漏れなどを指摘されても、所属事務所へ報告しなかったことに「会社はたまんない」と断罪した。

 徳井は23日夜の会見で、東京国税局から指摘を受けた時点で、所属の吉本興業への報告はしていなかったことを明らかにした。坂上はこのことに触れ、「これに一番びっくりした」とあ然。「会社はたまんない。国税局に入られたってだけで、あれだけ番組を抱えていたら、会社になぜ報告しなかったのか」と首をひねった。

 一番の問題は16~18年の3年間にわたり一切所得を申告していなかったこと。国税局は約1億円の申告漏れを指摘したとみられる。徳井によると、追徴税額は重加算税などを含め約3700万円。昨年12月に国税局の指摘を受けて、同月のうちに納税と修正申告を済ませたという。

 坂上は逮捕の可能性もあったとしたうえで「指導で終わったって言うのは結果論」と断罪。「重加算税を課されているわけだから、やっぱりもうちょっといまいちそこらへんの認識はできていなかったんじゃないかと」と認識の甘さを指摘した。

 徳井について「共演はあんまりないけど、彼のホワンとしたところが好き。会見を見てたらウソは言ってなんだろうなという気はしました」と印象を語った坂上。それでも「今回は見解の相違を大きく逸脱してしまっているし、国民の三大義務ってどう考えてた?ってところはつつかれてもしようがない」と突き放した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月24日のニュース