「スカーレット」三林京子 笑わぬ“いびり役”で存在感「憎まれたら、しめたもの」大久保さんトレンド1位

[ 2019年10月24日 08:15 ]

連続テレビ小説「スカーレット」にレギュラー出演、主人公を厳しく指導する“先輩役”が話題を呼んでいる三林京子(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の三林京子(68)がNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)にレギュラー出演。ヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)を“いびる”いけずな女中の先輩役で存在感を示し、話題を呼んでいる。昭和、平成、令和の3時代にわたる朝ドラ出演8作目となったベテラン。「視聴者の皆さんに憎まれたら、しめたものと思い、ニコりとも笑わず演じました」と“嫌われ役”に徹した。視聴者も期待した通り「本当はいい人」で、24日放送の第22話は「大久保さん」がツイッターのトレンド1位になった。

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務める朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子の波乱万丈の生涯を描く。

 三林が演じるのは、高校に進学しなかった喜美子が信楽から大阪に出て働く下宿「荒木荘」の元女中・大久保のぶ子。女性下着デザイナー・荒木さだ(羽野晶紀)の実家で若い頃から鍛えた女中業のスペシャリスト。今は近所に住んでいて、手伝いにやってくる。最初は喜美子のあまりの若さに反対し「あんたには無理や。信楽、帰り」。女中としてのノウハウを厳しく叩き込んでいる。

 三林の朝ドラ出演は85年後期「いちばん太鼓」が昭和、94年前期「ぴあの」、96年後期「ふたりっ子」、2000年後期「オードリー」、05年前期「ファイト」、08年後期「だんだん」、11年後期「カーネーション」が平成、今回の「スカーレット」が令和。「ファイト」以外は大阪放送局制作だ。

 「カーネーション」はワンシーンのみの出演で「そこから8年がたち『もう出演はないのかしら』と思っていたところだったので、髪の毛を短くしてメッシュでも入れようかと、美容院に予約を入れていたんです(笑)。出演の話を頂くのがもう少し遅かったら手遅れだったので、危機一髪でした!厳しいおばあさん役を演じるのに、キンキラキンの髪の毛になっていたかもしれませんね」と笑ってオファーの経緯を明かした。

 喜美子が働き始めて1カ月の頃、大久保は破れたストッキングを直す仕事を与える。翌朝、寝坊した喜美子に「追加や。合間見て、やり」とダンボール1箱分のストッキングを玄関に置いていった。部屋で裁縫の最中、針で指を刺してしまった喜美子はイライラが頂点に。枕を大久保に見立て、柔道技やバックドロップを仕掛ける姿がインターネット上で反響を呼んだ。

 視聴者も「大久保さんと喜美子の関係いいな~。大久保さんは厳しいけど、いびり散らすのではなく正当に指導している。喜美子は素直に修行に励み、大久保さんの仕事ぶりをやはり尊敬している」「大久保さん、何者や感、面白いwただのいびりじゃなくて、何かこの先がある感じだから、悪い感じには見えないから面白いw」「そのうち大久保さんに泣かされる日がくる気がする」などと“いびり”の先にある展開に期待。

 第22話、喜美子の父・常治(北村一輝)が荒木荘を訪れると、大久保は「頑張ってはりまっせ。最初はどないなるかと思いましたけどな、まあまあ、やってはります。まだまだ半人前でっけどな。ええお嬢ちゃんでんな」などと娘を褒めた。128足直したストッキングは実は1足12円の内職で、お給料を渡してくれた。

 三林は「私の演じる大久保のぶ子は女中業のスペシャリスト。私の父は文楽の人形遣いをしていたので、私が幼い頃はよく父の後援会長さんのお宅へ遊びに行っていたんです。そのお宅には家のことをすべて仕切る女中さんがいて、その家の奥さんをはじめ、全員に頼りにされていました。料理も上手だし、礼儀作法にも厳しい。女中の鑑のような方でした。この役を頂いた時に、真っ先にその方を思い出しましたね。昭和の時代の女中さんを間近で見ることができたのは幸せでした」と実体験に基づく役作り。「大久保も、とても喜美子に厳しいですが、本当はいい人。でも、いい人に見えたら、おもしろくないので、視聴者の皆さんに憎まれたら、しめたものと思い、ニコりとも笑わず演じました」と“嫌われ役”に徹したが、この日は大久保の優しさに胸を打たれる視聴者が続出した。

 常治を演じる北村一輝(50)とは誕生日が同じ。「これまでの役をテレビなどで拝見していたので『気難しい人なのかな』と思っていたんですが、関西ことばを流ちょうに話す、とても気さくな方でした。しかも、北村さんとは誕生日が一緒なんです!7月17日ですが、北村さんが『蟹座は良い人が多いんですよ』って(笑)」。8作目となった朝ドラの現場を楽しんでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月24日のニュース