申告漏れのチュート徳井 ふかわ「ルーズさの範囲超えている」八代弁護士「納税する気ないと見える」

[ 2019年10月24日 13:01 ]

八代英輝弁護士
Photo By スポニチ

 東京国税局から7年間で計約1億2000万円の申告漏れなどを指摘されていたことが判明し、23日夜に会見を開いたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)。24日放送のTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)では、コメンテーターが会見内容など今回の問題を受けてコメントした。

 お笑いタレント・ふかわりょう(45)は、徳井が会見で「ルーズ」「怠慢」などの言葉を多用していたことに触れて「そのルーズさの範囲を超えている印象」と指摘。また視聴者やファンも納税者であることから「このルーズさや怠慢に嫌悪感を抱くお客さんは少なくないんじゃないか。いい悪いではなく、今後仕事をする上で、腹を抱えて笑えていた人が、今までのように抱けるか不安」と話した。

 弁護士の八代英輝氏(55)は「何をしてしまっているんだろう。出演番組も多いからなので(税処理等は)きっちりやってらっしゃると思っていた」と首をかしげ、さらに「納税する気がないって見えてしまう。テレビやCMに出て、一般の人に見てもらって収入を得ている方。見ている人やスポンサーの会社を裏切る形になると思う」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月24日のニュース