V6森田剛&吉岡里帆 ゲーテ「ファウスト」アレンジ作で舞台初共演

[ 2019年9月17日 06:00 ]

舞台「FORTUNE」に出演するV6の森田剛(左)と吉岡里帆
Photo By 提供写真

 V6の森田剛(40)と女優の吉岡里帆(26)が、来年1月上演の舞台「FORTUNE」(東京芸術劇場、1月14日開幕)で初共演する。

 独作家ゲーテの代表作「ファウスト」の舞台をロンドンに移し、アレンジを加えた作品。森田は恋人、財産、名誉の全てを手に入れるために悪魔と契約を結ぶ映画監督を演じる。「初めましての方々とのものづくり、とにかく純粋な気持ちで、共演者・スタッフの皆さんと共にこの作品に向き合いたい」と意気込んでいる。

 吉岡は森田演じる主人公に見初められる女性プロデューサー役。「大きな舞台への出演は初めてで、スポンジ状態の今だからこそ、新しい価値観を受けられることは役者冥利(みょうり)に尽きる」と出演を喜んでいる。

 主人公と契約を交わす悪魔役で田畑智子(38)、主人公の父親役で鶴見辰吾(54)らも出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月17日のニュース