Toshlは描く キャンバスがステージに「心と体が歌以外の表現を求めた」

[ 2019年9月17日 09:30 ]

超大作の絵画「マスカレイド」を完成させたToshl

 【夢中論】シンガー・ソングライターのToshl(トシ、53=X JAPAN)が趣味で絵を描き始め、わずか1年で個展を開いた。ハイトーンボイスの歌を封印し、ひたすらキャンバスと向き合う毎日。タレントとしてバラエティー番組に出たり、小説を書いたり、スイーツ好きをアピールする中で、アーティストとして新たな顔を見せている。

 猛暑が続いた8月上旬、Toshlはひんやりした都内のアトリエにこもっていた。Tシャツ、短パン姿。トレードマークのサングラスはかけていない。髪の毛はボサボサだ。

 「絵を描く時はこの格好か、ジャージーですね。絵の具まみれになっちゃいますから。なりふり構っていられません」

 縦1メートル62、横1メートル30の「F100号」の巨大キャンバスが床いっぱいに並んでいる。オリジナルの抽象画「マスカレイド」の仕上げ作業という。キャンバスを横にして上下2列に計10枚並べ、縦2メートル60、横8メートル10になったものが完成形だ。

 「最近はほぼ毎日、ここに来ています。仕事がない時はだいたい10時間ぐらいいる。ただ、絵を描いているとすぐ疲れてしまうので休憩はよく取ります。(大好きな)スイーツをちょこちょこ食べながらね(笑い)」

 使っているのは、重ね塗りに適したアクリル絵の具。ローラーで黒く塗ったキャンバスにハケやヘラ、筆を使って赤や銀色の絵の具を描き重ねていく。床に並べたキャンバスに向かって半身の体勢で描く作業が多いため、足腰はパンパン。常に筋肉痛との闘いで、マッサージ器3台を寝る前に使っている。

 「物凄い集中して、時間も精神力も費やしている。集中することをよく“ゾーンに入る”って言うけど、まさにそう。疲れてはいるけど気持ちいい。絵が完成すると達成感が凄いんです」
 この巨大作品は完成まで4カ月を要した。スケッチブックに色鉛筆で描いた図案を数十倍の巨大な絵にした。

 絵を描き始めたのは1年前。何の気なく新たな趣味を探し「形から入ろう」と、東京・銀座の有名店で画材を一式購入。好きな龍の絵を描いた。何枚か描くうちに思いついたのが「自分の歌を絵にしてみたらどうなるか」。本業と趣味のコラボ。自身で作詞作曲した歌のイメージを絵に変えるという試みを始めた。

 当初は縦53センチ、横45センチのキャンバス(F10号)に描いていたが「でかい絵って面白いな」と、次第にサイズアップ。趣味が高じ、今月には個展「マスカレイド・展」を東京・上野の森美術館で開いた。

 「1年前は個展を開くなんて想像もしていなかった。だんだんと絵が形になっていくと“誰かに見てもらいたい”という気持ちになって企画しました」

 仮面舞踏会を意味する作品「マスカレイド」は、18年1月に配信リリースした同名のソロ曲がモチーフ。創作に力が入った理由には、羽生結弦(24)の存在があった。絵を制作中の5~6月、アイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で共演。Toshlが同曲を歌う中で羽生が演じた。

 「ショーの後に羽生さんが“歌っているToshlさんの中に入って演じました”と言ってくれました。僕になりきって演技をしてくれたんです。次は僕が羽生さんの中に入って描く番だと気合が入りました」

 キャンバス8枚を並べて一度は完成していた「マスカレイド」を、個展の1カ月前に急きょ2枚追加して再制作した。

 ボーカリストとして画家として共通するのは「込める」ことだと言う。「体力も精神も全てを込めます。あまりにも込めすぎてコンサートをやると疲弊してしまう。でも絵は描き続けられるので、心と体が歌以外の表現方法を絵に求めたのかもしれません」

 物心ついた時から軽く歌うことができず、カラオケが苦手。ライブだけでなく、レコーディングも声をからすほど全力。わずか1年前に趣味で始めた絵にも情熱を注ぎ込み、独特のアート作品を次々と生み出している。

 「絵を描いていると、ふと思う瞬間があるんです。ありのままの素顔でいいんだと」

 ステージではなくアトリエで見せる顔は驚くほど素直で純粋だ。真っ白なキャンバスを力強く彩っていく。“ビジュアル”を脱いだ向こう側が楽しくて仕方がない。

 《「マスカレイド・展」開催中は公演活動封印》Toshlは今後、個展「マスカレイド・展」を22日~10月6日に長野、10月26日~11月17日に大阪で開く。「大阪までは今のペースでやらせていただく」と、最終日まで公演活動などは封印する。12月にはカバーアルバム「IM A SINGER」の第2弾を発売予定。「今作はジャンルが幅広いです」と、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」などをカバーする。「マスカレイド」のセルフカバーも収録予定。昨年11月発売の第1弾は売り上げ10万枚のヒットとなった。

 ◆Toshl(トシ)1965年(昭40)10月10日生まれ、千葉県出身の53歳。82年に前身バンド「X」を結成、89年にメジャーデビュー。92年にバンド名を現在のものに改名。97年に解散し、08年に再結成。92年にシングル「made in HEAVEN」でソロデビュー。10年にTOSHIからToshlに表記変更。「IM A SINGER」は20年ぶりのソロメジャー作品となった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月17日のニュース