関テレ「ちゃちゃ入れマンデー」放送200回 橋下徹氏が爆弾発言も!

[ 2019年9月17日 08:00 ]

関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」の200回記念番組に出演する(左から)岡田圭右、橋下徹氏、山本浩之、東野幸治、黒田有、菅広文、宇治原史規
Photo By 提供写真

 関西テレビの人気トークバラエティー「ちゃちゃ入れマンデー」(火曜後7・00、関西ローカル)が17日に放送開始から200回目を迎える。MCの東野幸治(52)、黒田有(49)、山本浩之(57)の3人がゲストと爆笑トークを繰り広げる。

 JR・私鉄・地下鉄など各沿線の人気グルメ店を紹介する「あの人だかりは何だ!?」シリーズ、人気スポットに対抗するライバルたちの意地と自慢を取り上げる「ズルイぞ!〇〇」シリーズなど、さまざまな企画で関西の今をPR。記念の200回目は「豊中VS箕面VS池田 住むならウチやで!SP」がテーマ。大阪有数のベッドタウン3市の自慢がぶつかりあう。ゲストの橋下徹氏(50)は「豊中」在住。市民が「住みやすい」と胸を張る一番の理由を披露。さらに実は知られていない「服部緑地公園」のマル秘スポットが明かされる。

 一方、大阪を代表する高級住宅街「箕面」。市民の自慢は、日本の滝百選に選ばれている「箕面大滝」。秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れる。ハワイ気分を味わえるカフェや、優雅な空気が漂うケーキ店など、新たなオシャレスポットや、夢の豪邸が紹介される。「池田」では日清食品の創業者・安藤百福氏が世界初のインスタントラーメンを開発した業績を記念して建てられた「カップヌードルミュージアム大阪池田」を取り上げる。

 大阪府知事・大阪市長を歴任した橋下氏は、「今、箕面で人気の川床って、誰が規制緩和したか知ってます?実は橋下知事なんです」と自画自賛。一方、豊中市と兵庫県伊丹市にまたがる「伊丹空港」について話が及ぶと「関西国際空港の活性化という課題があって、当時、伊丹空港は廃止すべき、と言ってた」と、知事時代に言えなかった爆弾発言も飛び出す。

 東野は「お茶の間でテレビを見ている感覚で楽しくやらせてもらっています。東京に住んでいるので、大阪の最新情報を頭に入れて帰っています」と語り、黒田は子供から「ちゃちゃ入れの人や」と声をかけられることがうれしいそうだ。山本は「特に欲張らず、このままのスタイルで、粛々とやれせていただければ」と300回目に向けて期待?を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月17日のニュース