橋本マナミ きょう17日導入の新機種「フィーバー 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に大興奮!

[ 2019年9月17日 12:00 ]

シャアと同じ赤の衣装で「フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を試打する橋本マナミ
Photo By 提供写真

 SANKYOのパチンコ新機種「フィーバー 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」が17日、全国のホールに登場した。シリーズ待望の最新作を、女優の橋本マナミ(35)が一足早く試打。全く新しいオンリーワンのゲーム性が盛り込まれた「時代を切り開くv(ニュー)スペック」の魅力に大興奮した。

 はやる気持ちを抑えられない。新機種のタイトルにちなみ「シャアの赤です。好きな色です」と鮮やかな赤の衣装で登場した橋本は、人目を引く新筐体(きょうたい)にぞっこんの様子だ。

 4年半ぶりに一新された新枠「NEO STELLA(ネオステラ)」、シリーズ初となる1種2種混合(1種のデジパチと2種の羽根モノを融合させた仕様)のライトミドル高継続スペック、全く新しいオンリーワンのゲーム性が盛り込まれているのだ。

 さっそく席に座り、ハンドルを回すとその演出に息を飲む。「ガンダムが立体的に出てきたり、素晴らしい!映像も躍動感があって見ていて楽しく、引き込まれる」と早くも興奮。大当りのキーワード「シャアの逆襲演出」を堪能し、最終的にアムロが逆襲を阻止。見事「333」を引き当て、ボルテージはMAXに達した。

 「これまでとは全てが違います。音楽やリーチアクションを含め、アトラクションに乗っているよう」と声を震わせた。

 今作のモチーフは絶大な人気を誇る劇場版オリジナル作品。主人公アムロ・レイとライバルのシャア・アズナブルの最終決戦を余すところなく体感できる。「TM NETWORK」の「BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を超えて)」や森口博子と鮎川麻弥のデュエットによる新曲「追憶シンフォニア」など、ファン垂涎(すいぜん)の新録作品を含む全6曲の楽曲を搭載。さらに、従来枠に比べて上皿容量、ハンドル形状、スピーカー性能など、あらゆる面をユーザー目線で改良した。

 「今まで打ったパチンコ台の中で一番楽しい。SNSでもファンの反響を感じました。長年のファンの期待に応えていることはもちろん、女性でも楽しめる。デートにもいいし、一緒に楽しめそう」ときっぱり。時代を切り開くv(ニュー)スペックを体感し、笑顔でアピールした。

 この新機種は新内規によって3年半ぶりに実現可能となったヘソ3個賞球対応機種で、現状の4個賞球機と比べ、出玉性能に期待が高まる。大当り確率約199・8分の1のライトミドル。初当りを射止めると、突破型最大のポイントとなるチャンスゾーン(突破率約50・5%)へ突入。引き戻しに成功すれば継続率約82・2%の「逆襲RUSH」に突入する。ニュースペックの目玉となるチャンスゾーンは見逃せない。残保留4回(クライマックスアタック)で引き戻した場合は「PREMIUM逆襲RUSH(時短99回+残保留4回)」突入と
なり、実質次回大当り濃厚となる。つまり、初回に残保留で引き戻せば、実質“3連チャン濃厚”となる。右打ち中は1000発の払い出しとなる10Rボーナス比率も約61・5%と出玉感も申し分なし。

 新機種のテーマは「最高のドラマはラストにやってくる」。その言葉通り、残保留が運命のカギを握る「逆襲スペック」という名にふさわしいゲーム性になっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月17日のニュース