元AKB48小林香菜が整形告白「8年前から多分10回以上」「120、130万円ぐらい」

[ 2019年9月9日 21:43 ]

整形前の写真を披露する元AKB48のタレント小林香菜(C)AbemaTV

 元AKB48のタレント小林香菜(28)が9日、AbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(月曜後9・00)にゲスト出演。美容整形で120万円使ったとカミングアウトした。

 MCの「おぎやはぎ」矢作兼(47)が「えっ、整形なの?」と質問すると、小林は「はい。カミングアウトしたのは最近ですが、20歳の(アイドル)現役の時からちょいちょいカスタムしていた。8年前からです」と大胆告白。

 スタジオ共演者のSKE48須田亜香里(27)は、小林の整形に気づいていたか聞かれると「はい。何となくアップデートされたんだなって」と答え笑いを誘った。

 「おぎやはぎ」小木博明(48)に「アイドルグループ内では(整形)したって言わないの?」と質問された須田は「言わないですけど、なんか(顔が)変わった子のビフォー・アフターの写真を見るのが好き。検索して見ちゃってます」と笑顔。

 小林は整形回数と手術代について「8年前から多分10回以上やってます。120、130万円ぐらいです」と発言。顔のラインは「削ってないです」といい、「ボトックス注射、筋肉の動きを和らげる注射を8回ぐらい打ちまくっている」と明かした。

 小林の告白に“ブス代表”の出演者からは厳しい意見も。芸人わたなべるんるん(26)は、小林の整形前の写真を指さして「手を出してもらえるのはこっち」と言うと、共演者からは「あー、分かる!」の声が。矢作は笑いながら「手を出して欲しいわけじゃないんだよ」と突っ込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース