渡哲也1年ぶり仕事復帰 「松竹梅」CM撮影「大きな喜びに」力強く決めゼリフ

[ 2019年9月9日 05:30 ]

宝酒造「松竹梅」のCM撮影で約1年ぶりに仕事復帰した渡哲也(左)と吉永小百合
Photo By 提供写真

 俳優の渡哲也(77)がこのほど、宝酒造「松竹梅」の新CM「令和のお正月」編の撮影で約1年ぶりに仕事復帰した。

 渡は2015年6月に急性心筋梗塞の手術を受けて以降、持病の呼吸器系疾患もあり仕事をセーブしてきた。だが、宝酒造のCMは石原裕次郎さんから引き継いで32年目という深い縁もあり、昨年の同社のCM撮影以来となる現場に臨んだ。

 撮影が行われたのは今月7日。同CMで10回目の共演となる吉永小百合(74)とも久しぶりに再会し、笑顔で握手。合間にも談笑するなど和やかな雰囲気で進み、立ち会った関係者によれば撮影に向けて体調を整えてきたそうで「大きな喜びに」という決めゼリフも力強かったという。

 今年は裕次郎さんの三十三回忌を迎え、法要には参列できなかったが「先代が1970年に宝酒造さんのCMをお受けして以来、来年で半世紀という節目を迎えることになります。時の流れの速さを感じながら、裕次郎さんとお酒を酌み交わしたうれしく楽しい日々を思い出しております」としみじみ。現在もストレッチやスクワット、室内用自転車をこぐなどのトレーニングを続け「体力の回復に励んでおります。宝酒造さんの心遣い、皆さまの思いやり、ご協力でここまでくることができたと思っております」と感謝しつつ、本格復帰に向け意欲をにじませている。

 撮影は1時間ほどで終了し、渡は帰りの車から満足そうに「どうもありがとうございました」と見送ったスタッフに向け笑顔であいさつ。吉永も「今年も渡さんと楽しい現場で、新しいCMを作りました。ご期待ください」と手応えを感じていた。新CMは12月25日からオンエアされる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース