坂口杏里「母の遺産について」動画で言及「何億円、何千万円と言われましたが…」

[ 2019年9月9日 20:21 ]

坂口杏里
Photo By スポニチ

 元交際相手の男性の自宅マンションに侵入したとして、住居侵入の疑いで逮捕され、8月30日に釈放された坂口杏里(28)が9日、自身のYouTubeで「母の遺産について」と題した動画を配信した。

 「今日は私の家庭についてお話しします」と13年3月に亡くなった母で女優の坂口良子さん(享年57)に触れ「世間からは“とても贅沢な生活をしていたんじゃないか”と思われていますが、全くそうではなくて。お小遣いのような制度はなかった。昔の会社で衣装が自前の時とかは、一緒に買物に行って買ってもらったりはしてくれましたが、お小遣いとして“何万円あげる”とかは一切なかった。一般的な生活でした」と話した。

 「世間が思っていること、書いていること、報道していることを信用してもらいたくない。贅沢な生活ではなく、私は居酒屋、カフェ、お好み焼き、コンビニとアルバイトを何個もしていた。お金を貯めて、お母さんの誕生日にはバイトで貯めたお金でケーキを買って“誕生日おめでとう”とメッセージを書いていた」と誕生日の思い出を回顧。

 母・良子さんの遺産について「2世タレントと言っても、凄く贅沢な人もいれば、そうじゃない人もいる。そこは勘違いしてほしくないです。ウチは遺産がどうのこうのと言われてましたが、微々たるもの。何億円、何千万円あったとか言われてますが、全然そんなにないです」と多額の遺産があったのではという“うわさ”を否定した。

 坂口は3日に配信した動画で、今回の事件への反省を口にした上で「本当にきっと(母が)生きていたらこんなことにもならず、夜に染まるっていうこともなく、まっとうに仕事をしていたと思うんですけども、やっぱり、前回もそうなんですけど、捕まったとき、自暴自棄になってしまって、すごく、自分の中でも辛く嫌な思いをしてしまったんですけど、今回チャンスがあるならばもう一度やりなおしたいと思っています」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月9日のニュース