泉ピン子がユーチューバーに!「渡鬼」新作内での演出、現実世界でも配信 「幸楽」レシピ初公開

[ 2019年9月9日 12:00 ]

泉ピン子演じる五月がユーチューバーデビューする(C)TBS
Photo By 提供写真

 あの「幸楽」の中華料理の味が、自宅で再現可能になる。16日放送のTBSドラマ「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の3時間スペシャル(後8・00)で、泉ピン子(71)演じる五月がユーチューバーとしてデビュー。「幸楽」自慢の料理レシピをYouTubeで配信するというストーリーだ。この動画を番組内だけでなく、現実世界でも配信する。

 5人姉妹を軸に描くホームドラマは、今年で放送開始から30年。令和初回となる今作は、世代交代が進んだ中華料理店「幸楽」で第一線を退き手持ち無沙汰な五月に、角野卓三(71)演じる夫の勇が何か趣味を持ったらどうかとアドバイス。五月は早速スマートフォンを購入し、得意の料理の腕を生かしてレシピ動画を配信する。その名も「さつキッチン」。五月の動画は親しみがあって分かりやすいと話題になり、五月に笑顔が戻るというストーリーだ。

 スマホを手にして、いきなりユーチューバーデビューする五月。一体どんな動画を投稿しているのだろうか。

 TBSではこの「さつキッチン」を、実際に同局のYouTube公式チャンネルで配信する。30年の放送の中でおなじみの「幸楽」名物料理のレシピを紹介。ドラマに登場する「幸楽」の料理は美術スタッフの監修によるものだが、そのレシピを動画で公開するのは今回が初めてとなる。動画にはチャーハン、五目やきそば、かに玉など5品が登場。「さつキッチン」のテイストを楽しみながら「幸楽」秘伝の料理をマスターできる。9日正午から配信が始まり、「幸楽チャーハン」からスタート。13日までの5日間、毎日正午に1品ずつ配信していく。

 現実世界での“ユーチューバーデビュー”に、泉ピン子は「ドラマに登場する料理そのままのレシピです。ご家庭で幸楽の味をお楽しみいただけるとうれしいです」と語り、「実は私もスマホデビューしたばかり。今回の台本を読んで五月がYouTuberになると知り、タイミングの良さに驚きました。始めておいてよかったです」とプライベートでもスマホデビューしたばかりであることを明かした。

 「スマホにはLINEやメールが届き、検索や動画も楽しんでいます。本当に便利」とスマホライフを楽しんでおり、「子供たちに邪険にされてしょげていた五月に、スマホが笑顔を運んでくれて私もほっとしています」とシニアにスマホがもたらす効果を身をもって実感した様子。

 番組では、これまでも登場人物の一人がブログを始めたり、「幸楽」のギョーザをインターネットで通信販売するなど、時代とともに話題のデジタルツールをストーリーに取り入れてきた。スマートフォンを取り入れたことについて、作家の橋田壽賀子さんは「子育てが終わった五月がお金を掛けずに楽しむにはスマホがピッタリ」と狙いを語る。

 現実世界とリンクした新時代の渡鬼。ドラマもYouTubeもどちらも見逃せない。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース