池松壮亮 恋人役の蒼井優は「その辺の俳優より男らしい」

[ 2019年9月9日 21:01 ]

大阪市内での主演映画「宮本から君へ」の先行上映会で舞台あいさつした池松壮亮
Photo By スポニチ

 俳優の池松壮亮(29)が9日、大阪市内で27日公開の主演映画「宮本から君へ」(監督真利子哲也)の先行上映会で舞台あいさつした。

 熱血営業マン・宮本を演じた池松は、6月に南海キャンディーズ・山里亮太(42)との結婚を発表した恋人・靖子役の蒼井優(34)について、「何なら宮本みたいな人」と主人公になぞらえて表現。宮本と靖子の関係を「お互いが着火剤。相乗効果で怒鳴り合いながら、とんでもない所へ行ってしまう」と解説し、女優としての力量についても「“1”投げたら“2”返して…ではなく“1”投げたら“5”返ってくる。“5”くると“10”で返さないといけない。ものすごいパワー」と振り返った。

 一方で「すごくストレートな方」とも形容し、「疲れたら疲れた顔をするし、物足りなければ物足りない顔をする。すがすがしい」とした。大阪での舞台あいさつとあって地元ネタも提供し、「あの人、(出身が自身と同じ)福岡で一緒なんだけど、確か両親は大阪の人。その辺の俳優より男らしい」と蒼井の男前ぶりを分析した。

 1年ぶりの大阪という池松は舞台あいさつ後、友人と食事に行くと明かし、観客にお勧めのメニューを質問した。昨年は日帰りだったが今回は1泊できるためで、友人からのお勧めが「肉かコナモン」だったことから「その二択とは…。それ以外で」と要望。寿司、串カツとの声が上がり、「串カツってコナモンですよね」と大阪人顔負けのツッコミを見せつつ、「大好きです。毎回行ってる」と即決していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース