「なつぞら」天陽くん・吉沢亮“第二の故郷”からも祝福「十勝みんなで応援」21年大河「青天を衝け」主演

[ 2019年9月9日 20:00 ]

2021年NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」制作・主演発表会見に出席した、主演の吉沢亮
Photo By スポニチ

 NHKは9日、2021年の大河ドラマが「日本資本主義の父」と呼ばれ、新一万円札の肖像になる実業家・渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描く「青天を衝(つ)け」、主演は俳優の吉沢亮(25)に決まったと発表した。脚本は大ヒットした15年後期の連続テレビ小説「あさが来た」などで知られる大森美香氏が務める。放送中の朝ドラ「なつぞら」(月~土曜前8・00)で“天陽くんロス”を巻き起こした吉沢。制作統括の菓子浩チーフプロデューサーも「天陽くんが帰ってきました」と語った。

 「なつぞら」の舞台、北海道・十勝からも祝福の声が届いた。

 帯広観光コンベンション協会の鈴木新一専務は「天陽くん、2021年度大河ドラマ主演決定、おめでとうございます。『なつぞら』では涙と感動をたくさん頂きました。次の大河ドラマでも、ご活躍を十勝みんなでお祈りしてます!」とコメント。

 十勝ロケで使われた天陽の家と馬小屋(アトリエ)のセットが今年7月20日から無料スペースで公開中の真鍋庭園(帯広市)の眞鍋憲太郎社長も「大河ドラマの主演決定、おめでとうございます。『なつぞら』のスキー大会の撮影の時も、数日前から何時間も履いたことのないスキーの練習を頑張っている姿に感動して応援したくなりました。大河でも努力家の天陽くんがご活躍されることを第二の故郷・十勝から、みんなと一緒に応援してます!おめでとうございます!」とメッセージを送った。

 吉沢は放送中の連続テレビ小説100作目「なつぞら」にレギュラー出演。ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の“初恋の人”で、絵心を教えるなど、その人生に多大な影響を与えた人気キャラクター、画家の山田天陽を好演。今月3日放送の第134話で36年の短い生涯に幕を閉じ、3日連続でインターネット上に“天陽くんロス”が広がったばかり。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース