ベネチア映画祭 金獅子賞は米映画「ジョーカー」 是枝監督は受賞逃す

[ 2019年9月9日 05:30 ]

 世界三大映画祭の一つ、第76回ベネチア国際映画祭の授賞式が7日夜(日本時間8日未明)に開かれ、最高賞の金獅子賞にトッド・フィリップス監督(48)の米国映画「ジョーカー」が選ばれた。注目を集めていた是枝裕和監督(57)の日仏合作の新作映画「真実」は受賞を逃した。

 「ジョーカー」は、米コミックの人気ヒーロー、バットマンの宿敵を描くオリジナル作品。俳優のホアキン・フェニックス(44)が主演を務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月9日のニュース