日テレ 10月から金曜日を大幅改編、「家族視聴」キーワードに「激戦区にチャレンジ」

[ 2019年9月5日 12:06 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 日本テレビが10月期番組改編説明会を5日、東京・汐留の同局で行い、この秋の番組改編の骨子を発表した。

 同局は年間視聴率5年連続3冠を続けており、6年連続3冠制覇を目指すべく、この10月の改編率は全日4・4%、ゴールデン(午後7時から同10時)10・1%、プライム(午後7時から同11時)16・1%となった。

 今回の改編のポイントは金曜ゴールデンの改編による視聴率向上とフロー強化。午後7時からはお笑い芸人の劇団ひとり(43)と俳優の佐藤隆太(39)がMCを務める新バラエティー番組「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」がスタート。同時間帯で放送されていた「沸騰ワード10」は午後7時56分の金曜8時枠にお引っ越し。さらに、有吉弘行(45)らが司会を務めていた「超問クイズ!真実か?ウソか?」が3年半で終了する形となる。

 さらに「金曜ロードSHOW!」枠も強化を図る。親子視聴を促すようなフローを徹底し、親子で楽しめる金曜プライム編成を目指していく。大型作品の劇場公開とも連動し、相乗効果を狙う。大ヒット作とともに、地上波初放送の作品を続々投入。「金ローでしか見られない!」とキーワードに作品付加価値の最大化を図っていくという。今回の改編について同局編成局編成部長の田中宏史氏は「強い金曜日を作るべく強化していく」と力を込めた。

 この秋は、テレビ朝日を筆頭に、大きな改編を行う局も見られる。田中氏は「金曜日という曜日は難しい」としみじみ。「各局様、非常に支持されている番組は並んでいますし、本当に激戦区だなと思っている。土曜、日曜という休みではない日の、平日、ただのウイークデーでもない、金曜日をどう捉えるかは我々も課題」としたうえで、この改編では「親子視聴」と強調。「家族団らんというわけではないが、さまざまな世代の方々に多く見てもらえるというところがキーワードなのか。日本テレビの金曜日はその方向性で改編させていただいたという形。激戦区にチャレンジしていこうと思う」と話した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月5日のニュース