NHK会長 スクランブル化に否定的 担当者「受信料は放送の対価ではない」

[ 2019年9月5日 15:35 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKの上田良一会長(70)が5日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、7月の参議院選挙で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」が主張するスクランブル化について説明した。

 受信料を払った人のみ視聴できるようにする、いわゆるスクランブル化について、上田会長は「公共放送の役割」を念頭に「受信料は公共の福祉のための放送というNHKの事業のためにいただいているもの。スクランブル化はそうしたNHKに課された公共の役割に反するもの」と否定的な見解を示した。

 そういったNHKの主張がなかなか理解されていない現状には「できるだけご理解いただけるように、丁寧に説明を尽くす」とした。

 担当者も「受信料は放送の対価ではない」と説明した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月5日のニュース